腸活で肌荒れ改善、予防

老若男女問わず、肌に対する悩みは、尽きないと思います。私自身も20歳を超えてから、肌荒れに苦しむ生活を強いられておりました。それまでは、肌荒れとは、無縁の生活であったため、非常に肌荒れに困惑し、改善の糸口が見いだせない状況でした。洗顔、保湿、クリームなどで対策をしても全く効果は、現れないばかりか、悪化する一方でした。そこで私は、食生活改善を行い肌荒れを改善しようと考えました。その時偶然見かけ、取り組み始めたのが、腸活でした。

ちゅらかなさを続ける効果

栄養は、基本腸で吸収されるため、腸を綺麗に保つことが必要であり、腸に良くない添加物食品を摂取することも肌荒れの、原因であると考えました。そこで、納豆とキノコを毎日食事で摂取することを行いました。基本的にこれだけ、みるみる肌荒れが改善しました。理由として、納豆による菌で腸内環境を正常にさせることができたことが一つあります。また、キノコの摂取により、腸内清掃を行うことができ、老廃物をデトックスし、より生産性の高い腸に帰ることができました。

これにより、意識的に身体に良い食べ物を摂取することを心がけることができ、肌荒れが改善されました。基本3ヶ月ごろから効果が出始めたので、諦めず継続していくことが重要です。

私のスキンケア

私は、最近スキンケアに力を入れています。スキンケアを頑張る理由は、綺麗な肌を手に入れて、素敵な女性になりたいと思ったからです。最近27歳になったので、大人の女性として、より美しい肌で、自分に自信を持って生きていきたいと思うようになりました。そのために、肌のためならどんなことでもしたいと思っています。

http://kievii.net/

美肌を手に入れることができるなら、お金を沢山かけたいと思っています。実際、人気芸能人やインフルエンサーの女性達のSNSを見ると、美容にお金を沢山かけていることが分かります。私も、彼女達のように、惜しみなく美容にお金をかけたいと思っています。ですが、最近はコロナの影響で収入が減り、美容に沢山お金をかけることができなくなりました。ですが、そのような状況であっても、できることをしていこうと思っています。そこで、今回は、私が行なっている美容法(スキンケア)を紹介します。

1つは、フェイスパックを使用することです。私は、お風呂上がりに毎晩欠かさずフェイスパックをしています。好きなフェイスパックは、ルルルンです。ルルルンを毎日使用するようになってから、肌が荒れにくくなりました。このフェイスパックは、ドラッグストアなどで購入できるので、肌荒れに悩んでいる人にぜひ試して欲しいです。

メッチャ努力して痩せたのに

ダイエット効果が現れると、同僚から言われたのが、「痩せると老けて見られるわよ」。

シルクリスタを辛口評価!購入して効果を検証した私の口コミは?

歳を取ると脂肪が付き易くなるのに、どうして痩せると老けて見られるのだろう?

恐らく同僚は、私だけ痩せるのが悔しいのだろう、そう思ったらダイエットの励みになった。

ダイエットしたことでスカートが緩くなった、下着も緩くなった、太って買い換えるのは辛いけど、痩せて買い換えるのは気分が良い。

試着をしていると、店員さんが色々勧めてくれるのだが、どれもシックなデザインばかり。

太っているとオシャレに疎くなるため、シックなデザインが流行っているのかなと思い、勧められた洋服を購入して帰宅すると

母親、「その洋服、私にくれるの?」

私、「何を言ってるの?今、買ってきたばかりよ」

母親、「どうして、地味な洋服ばかり買って来たの?」

私、「これが流行りなの」

翌日、買った洋服を来て買い物をしていると、幼い子供に「お婆ちゃん、これ買って」と言われた。

私、「・・・」

子供の祖母と思われる女性、「すいません」

その女性が着ていた洋服はシックなデザインで私と祖母を見間違えたのだろう。

そのことを、家に帰って母親に言うと、「貴方、痩せたから老けて見られるのよ」。

会社の同僚にも自分の母親にも同じことを言われイラッとしたのだが、鏡で自分の顔を見てみると、痩せたことで頬はコケ、やつれているように見えた。

太っていると時は顔がパンパンに腫れているため毛穴は目立たなかったのだが、痩せると毛穴やシワがメッチャ目立つ。

私が太ったのは脂っこい食べ物が好きだから、脂っこい食べ物を取っていると時は肌にも髪にも潤いがあったのだが、脂っこい食べ物を控えると肌はカサカサになってしまった。

痩せた状態を保ちながら若く見られるには、どうしたら良いのだろう?

若く見えるメイクをしてみると、バスの中で女子高生に笑われた。

鏡なんて大嫌いだけど見てしまうわたしがいる

毎朝洗面所の鏡を見ると、現実とご対面。ため息が出てしまう。http://www.car-electronics.jp/

50代半ばを過ぎた私の肌はいろんなトラブルに見舞われている。

まず、日焼けによるシミが両頬にくっきりと出てしまっている。

仕事で車を運転することが多く、窓越しの紫外線を浴び続けたため、特に右側は重症だ。

今ではUVケアは欠かせない。日焼け止めに美白化粧品をいろいろ試してみる。

夏の外出は帽子にアームカバーは必須だ。

次に目立つのがほうれい線だ。

頬が垂れ下がり、口の周りに八の字ができてしまっている。

両手で頬を引っ張ってみると、マイナス5歳は若く見える気がする。

それだけこのほうれい線は見た目年齢に影響しているのだ。

リフトアップのローラーを使用するものも未だ効果は表れていない。

そして最近目立ってきたのが、目元のしわである。

目尻から幾数本に細かく分かれて小じわができている。

パックをしてお顔に栄養補給。効果が出てくるのはいつのことになるやら。

いつのまにこんなにいろいろとできてしまったのか。

40代の頃までは童顔で若く見られることもあったのに、今では年より老けて見られることも多くなった。

20代、30代、仕事と育児に追われ、スキンケアを怠ったツケが今出ている。

もし、タイムマシンで20代の自分に会えたら、「スキンケアだけは怠るな」ときつく言うだろう。

今日も大嫌いな鏡を見ながら、それでもどうにかならないかと考え悩むわたしがいる。